サイトマップ
06-4963-3465 メール

ウェブサイト集客ルール

ウェブサイトの作りっぱなしは無駄な店舗をつくっただけ

2015年12月22日

ウェブサイトからお問い合わせ来ますか?

ウェブサイトを作ってから御社に届いたお問い合わせ、もしくは資料請求のメールの数はどれくらいありましたか?
数えるしかない、もしくはウェブサイトからのお問い合わせなんて来たことが無いなんて方も多いのではないでしょうか。

そんな方のウェブサイトを拝見すると、「会社概要」があり、「商品情報」があり、「交通アクセス」も「求人情報」もある。
デザインもキレイに“今風”で、全体的にきっちりと作られていている。

にも関わらず、ウェブサイトからの問い合わせに関しては無きに等しく、来るのは決まってウェブサイトを見て電話をかけてきた営業電話ばかり。

「コピー機は入りませんか?」「人材登用に苦労していませんか?」「光回線をもっと早く新しくしませんか?」

こんな営業の電話だらけ。

お問い合わせが来ないから、もちろんウェブサイト担当の人もいない。むしろ担当なんてつけたら人件費の無駄。
そんな事態になっていませんか?

それは開店休業状態の無人のお店を作っただけです。
はっきり言ってしまえば“お金を無駄にしただけ”です。

では、なぜ最初にウェブサイトを作ろうと考えたのでしょう?

みんなが持っているから自分も作ろうと思った?
それとも、営業の電話がしつこいから作ろうと思ったのでしょうか?

それだけじゃないはずです。

少なからず“ウェブサイトの効力を耳にして、何かしら社の利益になるのでは”と思ったから、作ろうと思ったはずです。
儲けたい!」そう思ったから作ったのではないでしょうか。

ではなぜ、ウェブサイトはうまく機能していないのでしょう?

あなたの会社はウェブサイトとちゃんと“向き合って”いますか?
ウェブサイトはよく「生き物」と言われます。もちろん、ウェブサイトには意思はありません。単に情報の置き場所にすぎません。

会社案内、製品情報、交通アクセス、求人情報、お問い合わせ、サイトマップにプライバシーポリシー。

端的には企業ウェブサイトなんて、ほぼこの構成内容で、他社との違いなんて微々たるものです。
せいぜい、会社理念、社長からのメッセージ、社員の声、お客様の声、IR情報やCSRなんて、企業規模によってコンテンツが多いか少ないかの違いにすぎません。

ではなぜ、ウェブサイトを有効活用できている会社とそうでない会社が存在するのでしょうか。

インターネットの世界は、その年、その月、その日、極端には分単位で目まぐるしく環境・状況は変化しています。ウェブサイトをその環境に順応させる必要があるのです。

月毎、週ごとのアクセス解析の結果を確認して、自社ウェブサイトが今どのような状況にあるのかを把握し、環境の変化に応じて、ウェブサイトを変えていかなければなりません。
“変える”と一言で言っても、特に難しいことをする必要はありません。

  • ウェブサイトのボリュームを増やすために新着情報や、スタッフブログの記事を書く。
  • 自社製品の詳細な製品情報や実績や事例などを載せる。

これを繰り返すだけでも、効果は徐々に表れてきます。
集客ができている会社のウェブサイトは更新頻度が高く、常に何かしら更新されています。

それは単に「新着情報」だけだったりするかもしれませんし、「スタッフブログ」かも知れません。はたまた最近は「社長ブログ」というブログも多く、明日の社長を夢見る若者が憧れの社長の日常を垣間見る土壌ともなっています。これかもしれません。

しかし、これらは“よく更新されているからアクセスが多く、集客が出来ている”のではなく、“集客するために更新を増やしている”のです。

そう、アクセスの多い会社は、更新頻度が高まることによって、ウェブサイトのボリュームが増え、検索エンジンにどんどんヒットし、アクセスが増えることを知っているのです。
もちろん一朝一夕でブログを増やしたり、新着情報を増やすことはできませんし、細かいことを言えば、やることは後から後から出て来ます。

日々の業務に追われてブログなんて書いてる暇なんてないよ!

そのような方々がほとんどだと思います。

ただ、アクセスの多い会社はそれをやっているのです。そこが御社との違いなのです。
このウェブサイトの

ボリュームを増やす=ウェブサイトを育てる

ここに着目しているかどうかが大きな大きな“差”となって表れてきます。

SEO専門の会社やインターネット広告に秀でた会社に依頼すればアクセスアップのお手伝いもしてもらえますが、そこにはやはりお金がかかります。
出来るだけ自社内でコストをかけずに成果を上げるためにはそれなりの企業努力が必要となってきます。

毎日とは言わないまでも、ウェブサイトの更新を常に念頭に置き、実践することでいずれ成果となって表れてきます。

ウェブサイトの運営は、「作って終わり」なのではなく、「作ってからがスタート。むしろ続けていくこと」が重要なのです。

無料ご相談はこちらから
お問い合わせ・ご質問など、お気軽にご相談ください。
10:00 - 20:00 (土日・祝祭日除く)
Copyright 公報支援・創業支援・求人支援の株式会社アスカデザイン All Rights Reserved.
ページ上部へ戻る